« 新緑の季節に | トップページ | チャレンジ »

2007年5月24日 (木)

鯖街道 熊川宿

Dsc_01510001まだ二十代なのに、私は古い町並みを歩くのが好きです。街中に住むのは便利で良いけど、東京のような大都会は住むところじゃないと思っています。

GW中に訪れた熊川宿も楽しめました。飛騨の高山ほど観光地化されていなく、ごく普通に生活されている方々の様子も垣間見られながら、ゆっくりと歩いているといろいろとおもしろいもの、懐かしいものに出会いました。かろうじて、まだ鯖江市勤務である私には、「鯖街道」という文字が身近に感じらました。

Dsc_01710001中に芋が入っているのかいないのか・・・単なるデモストレーションのように感じてしょうがなかった、自然派里芋皮むき機。キレイな水の上をクルクルと一生懸命回っていました。

たぶん二十年以上ぶりに出会った綿菓子を作る機械をDsc_01800001タバコ屋さんの軒先で発見し、思わずシャッターをきりました。小さい頃、よく近所のショッピングセンターに行っては、食べたいわけでもないのに父に綿菓子を作ってもらい、機械から出てくる綿状の砂糖の糸がフワフワと雲のようになっていく様子を見るのが好きだったような気がします。

Dsc_01950001熊川宿にある神社に立ち寄った時、お地蔵さんが乗っている小さな石垣の下にへばりついていた、蛇の死骸。見つけなければ良かったと、後悔しました。死んでいて動きはしないとわかってはいても、どうしても派虫類は苦手です。

(左下の写真)決して大きな入り口ではないお寺に入ってみたら、ものすごく大きな木だったであろう木が、切り倒されて運び出される最中の様子に出会いました。周囲の広さ上、木を根元から切り倒すこともできず、通る道の広さ上、小さくならないと運び出すこともできず・・・何とも中途半端な高さで作業は中断されていました。あんなに切り株(?)が転がっているのにまだこの高さ! もとはどんなに立派な木だったのか見てみたかったです。Dsc_01770001_4

このような歴史的集落に訪れるといつも思うことがあります。お家の管理が大変そうだなぁ、って。勝手に近代的な外壁にリフォームもできないし、好きなデザインのかわいい外灯を付けちゃってもいけないし、自分の家なのに自分の好きなようにできないのって大変ですよね、きっと。でも、こういう集落で生活されている方々の協力があってこそ、できる限り当時の面影を残しながら、現代に生きる私たちに古きよき歴史を見せてくれていると思うと、私は、次の世代へ受け継ぐために何ができるのだろうと考えさせられます。

|

« 新緑の季節に | トップページ | チャレンジ »

コメント

東京にもいろいろな場所があるので住めないこともないと思ってしまうのは私がこっち方面(あくまでも方面です 汗)の人間だからでしょうか。
それかいろいろなモノが集まっていて便利なところに目がくらまされているのでしょうか。

私も古い町並み散歩好きです。
高山は確かに観光地でしたが、吉島家住宅という明治時代に建てられた造り酒屋が魅力的だったのを覚えています。
もし行かれていないようでしたら是非☆おすすめです。
写真のとりがいもあると思います。
http://www.hida.jp/cgi-bin/kankou/sigview.cgi?admin=contents_view&id=104420194356&sig=1

投稿: halu | 2007年5月28日 (月) 12時16分

東京に一年だけ住んでいたことがあります。確かに東京も、都心を離れれば静かで穏やかな所もたくさんありますが、電車や地下鉄に押し込められての通学・通勤は、私には出来ない業だと思いました。あの人ごみの中をご年配の方もたくさん生活しておられるのを見ると、「大変だなぁ」と思ってました。私には田舎生活が性に合っているのだと感じています。
高山には何度か訪れたことがありますが、写真を始めてからはまだ一度も行っていません。高山にも是非写真を撮りに行こうと思っています。

投稿: HITOMI | 2007年6月 1日 (金) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187266/6538947

この記事へのトラックバック一覧です: 鯖街道 熊川宿:

» 熊川 哲也さまと海賊 [熊川 哲也さまと海賊]
熊川 哲也さまが大好きな私。 熊川 哲也さまの経歴から最新ニュースまで、 このブログで綴らせていただきます♪ 注目の熊川 哲也が怪我をされた「海賊」についても… [続きを読む]

受信: 2007年5月25日 (金) 05時27分

« 新緑の季節に | トップページ | チャレンジ »